Windows+XAMPP環境にMovableTypeをインストールすることになった

SSLサーバ証明書なら、低価格・24時間サポートのドメインキーパー!

Windows+XAMPPでMovableTypeの環境を構築する。

それって普通にLinuxを使えば良いのでは・・・?
わかってるんです。そのほうが楽なんですが色々あって更新用のWindowsPC、
しかもローカルに準備する必要が出てきましたので設置します。

普通にインストールしようとしても

Server error!
サーバ内部で障害が発生し、 リクエストに応えることができませんでした。

Error message: 
couldn't create child process: 720002: mt.cgi

サーバーの障害と思われる場合は、ウェブ管理者までご連絡ください。

Error 500
localhost
Apache/2.4.35 (Win32) OpenSSL/1.1.0i PHP/7.2.11

となってしまいますので、
ActivePerlをインストールします。
結構昔にもいじった記憶がありますね。これもMovableType関係だったか記憶がないですけど。
ちなみに5.24.3.2404をダウンロードしないと必要な機能が使えないようです。

使いやすくするために

c:\usr

にインストールします。

Perl Package Manager(PPM)を使用します。
Windowsボタンを押して「perl」等入れれば出てきます。

「DBI」と「DBD:mysql」というパッケージをインストール

マークボタンで使いたい機能をマークして

矢印ボタンでインストール。

インストールしますか?と聞かれるのでOK。

続いてDBD:mysqlをインストール。
「DBD:mysql」で何故か検索しても出てこなかったので「mysql」で検索したところ

うーん、これで良いのかなあ。
とりあえずインストール。

XAMPPを起動していざ接続してみます。

おっいけそうですね。
必要なモジュールも揃っているとのこと。

MySQLが選択できます。ここで選択できない場合は「DBD-mysql」のインストールが上手くいっていません。

データベースの設定をして、

メール設定を行います。

初期段階ではXAMPPからメールを送信することは出来ないと思うので
例としてYahooメールで設定してみます。

C:\xampp\php配下にあるphp.iniをテキストエディタで編集します。
「sendmail_path」で検索して

sendmail_path = "\"C:\xampp\sendmail\sendmail.exe\" -t"

とします。

続いてC:\xampp\sendmail配下にあるsendmail.iniをテキストエディタで編集します。
「smtp_server」で検索して

smtp_server=smtp.mail.yahoo.co.jp

続いて「smtp_port」を587にします。

smtp_port=587

「auth_username」と「auth_password」にYahooアカウントのユーザー名・パスワードを設定します。

auth_username=yourusername
auth_password=yourpassword

「force_sender」にYahooのメールアドレスを入れます。

force_sender=youraccount@yahoo.co.jp

結果このようになります。

smtp_server=smtp.mail.yahoo.co.jp
smtp_port=587
auth_username=yourusername
auth_password=yourpassword
force_sender=youraccount@yahoo.co.jp

設定が完了したら。Apacheを再起動します。

続いてTempディレクトリを設定し、

設定完了です!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください