Linux ユーザー所有権とグループ所有権を変更

何度も何度も忘れるこのコマンド。
チョウンって覚えておけばいいのか。
いや、さすがに覚えにくいわ。みんなどうやって覚えてるんだろう。
毎回調べてしまうのでメモ。

chown [オプション] ユーザー[:グループ] ファイル(ディレクトリ)

オプション一覧

-c 所有権が変更された場合、その詳細を表示します。
-f エラーメッセージを表示しません。
-h 指定したファイルがシンボリックリンクの場合、シンボリックリンクのみ所有権を変更します。システムファイルやディレクトリの所有権を一括で変更する場合はこのオプションを使いましょう。
-R 指定したディレクトリとそのディレクトリ以下のファイルやディレクトリの所有権を再帰的に変更します。
-v 所有者変更の詳細を表示します。-cは、変更された場合のみ。

まずはllコマンドで対象のファイル(ディレクトリ)のユーザー所有権とグループ所有権を確認をする

t61@t61-ThinkPad-T61:/var/www$ ll
合計 12
drwxr-xr-x  3 root root 4096  8月 24  2017 ./
drwxr-xr-x 14 root root 4096  8月 24  2017 ../
drwxr-xr-x  2 root root 4096  8月 24  2017 html/

全部rootになってますね。
早速chownコマンドで変更してみます。ついでに-Rオプションもつけてみます。

t61@t61-ThinkPad-T61:/var/www$ sudo chown -R t61:t61 html
t61@t61-ThinkPad-T61:/var/www$ ll
合計 12
drwxr-xr-x  3 root root 4096  8月 24  2017 ./
drwxr-xr-x 14 root root 4096  8月 24  2017 ../
drwxr-xr-x  2 t61  t61  4096  8月 24  2017 html/

変更できました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください