「gdebi」で依存関係を解決して.debパッケージをインストールしよう

ローカルに.debなんかをダウンロードしてインストールしたいときがあると思います。
ここで問題になるのが依存関係問題です。

依存関係とは何か

インストールしようとしているアプリケーションは何かしらのライブラリに依存します。
依存するライブラリが無い場合、アプリケーションは一部の機能が使えなかったり、正常には動かなかったりします。
ではライブラリを予め準備してインストールすれば・・・という事なのですが、
そのアプリケーションは一体どんなライブラリに依存しているのか・・・?
というのがわからなかったりしますね。

(例)Google Chromeをインストールする場合、「libappindicator1」ライブラリに依存するため予めインストールしておく

などです。これは情報が無いとわかりにくかったりしますのでできれば自動的に解決してくれないものかなあと思ったりします。

自動的に依存関係を解決してインストールしてくれる「gdebi」

debian/ubuntu系を使っている場合、gdebiが使えます。。
ローカルに保存したdebパッケージを依存関係を解決してからインストールしてくれます。

早速「gdebi」をインストール

# sudo apt install gdebi -y

インストールが完了したらすぐに使うことができます。

ローカル保存したパッケージをインストールしてみます。
(例)Google Chromeをインストールしてみる

# sudo gdebi google-chrome-stable_current_amd64.deb

依存関係を解決してインストールできました。

コメントを残す